全国各地で上映会があります!!

こんな時代だからこそ、希望の映画「降りてゆく生き方」を上映会が開かれます。


上映会に参加された方にから寄せられた数多くのお言葉
に感謝!

<菊屋は映画「降りてゆく生き方」を応援します! 今後の上映情報 >

降りてゆく生き方

降りてゆく生き方 磐田上映会の風景  於)磐田市ワークピア H23.11/20(

主催:ガイアintoいわた実行員会  ■後援:磐田市教育委員会

ワークピア磐田
会場
実行委員長
トークショー
御礼
ワークピア磐田会場/たくさんの人/実行委員長挨拶/柴木音楽監督と秋田プロディーサーのトーク/御礼挨拶


磐田市での上映会までの流れ

こんな時代だからこそ 全国から渇望される 希望の映画

2011年11月20日() 静岡県磐田市で 「降りてゆく生き方」という武田鉄矢主演の映画の上映会をさせていただきました。

降りてゆくのに・・・希望の映画!?

日本の多くに人は100年に一度と言われたあのリーマンショックを端にした世界的な不況からの脱出も出来ないままで、不況だ不況だと嘆きつつ、それでも右 肩上がりの幻想を捨てきれないようです。もっと、もっと、まだ、まだと、もがき苦しんでいる時代背景に、この「降りてゆく生き方」という言葉は生まれてき ました。

弱みを見せたり、悩んだりすることも封印しなければ生きていけないような競争社会のなかにあって、「降りていく生き方も、いいじゃないか。無理せず、悩み や苦労を糧にしながら、ゆるゆると生きていこうじゃないか」というメッセージは、時代の隙間をついた斬新な響きを広げている気がします。

それでなければ、ますますうつ病患者は増え続け、自殺者も増えていくことでしょう。

人間とその欲望がつくりだしてきた「マネー万能」の共同幻想と、マネーが極大化したグローバリズムの正体を見極めて、そこから脱し、私たちが生きてゆく上で本当に大事なものが何かに気付き、そして、昇ってゆく時代の終焉を迎えた現代日本人が、下っていく時代のための新しい生き方を発見してゆく。

みんなが 安心して安眠できるようになればいいなあ、そうした世の中をつくっていこうと、この映画の上映会をしました。

あの3.11東日本大震災以降、私たちの考え方、生き方が問われている中で、この映画を観て 「明日への希望をみつけた」「生きる勇気をもらった」「ぐっすりと眠れるようになった」はたまた「自殺を踏み止めることができた」とも、全国から絶賛の映画です。 <映画のあらすじ(ごめんなさい) コンセプト

テレビ放送 DVD化 映画館での定期上映は行わないという映画だそうですから、手を上げて上映会をすることになりました。
 ■主催:ガイアintoいわた実行員会  ■後援:磐田市教育委員会


静岡県磐田市での上映会のいきさつ

2010年の暮れ、島根県の奥出雲にある財団法人奥出雲多根自然博物館さんから菊屋へ寝具の問い合わせがありました。
「自然博物館」という1〜2階は地球・生物・人間の誕生から地球温暖化に至るまで自然に関する博物館で、3〜5階は自然食キッチン&宿泊施設になっていて、2011年4月末のリニューアルオープンに際して「自然の眠りができる寝具」のご依頼をいただきました。

自然博物館
自然博物館


変化自在にして誰にでもフィットできる自然素材の菊屋オリジナル「ねいるケアあんみん枕」、腰が強く、吸湿・発散・保温性に富んだ「キャメル敷ふとん」、掛ふとん、自然と共に!のリズムをつくる「蚊帳スピーカー」などをお納めいたしました。

この自然博物館のリニューアルオープンに併用して開催されたのが「降りてゆく生き方」の上映会でした。 この映画のコンセプトにも共感しましたが、支配人さんの【みんなが幸せになっていただきたい】との熱い想いがこちらにも、どんどんと流れ込んできて「よし、磐田でやろう!」「この映画、なんとしても磐田のみなさんにご覧になっていただこう」と我慢できなくなったのでありました。

そういえば、・・・もうかれこれ14年前になりますが、1997年、映画「ガイアシンフォニー(地球交響曲)の磐田での上映会、 あの時も自然の中で生かされていると思いから、みなさまと分かち合いたいとの思いだけで上映会を行ってしまいました。その思いに、磐田の方々だけでなく、 インターネットを通じて全国から応援に駆けつけてくださいました。その上映会を契機に、自然と共にをスローガンに「共生〜共眠」を立ち上げて、それがきっ かけとなり蚊帳の製造も始めたのでした。・・・・今ではお陰様、隙間ではありますが「蚊帳は菊屋」とも言われるようになりました。

  全国で映画「降りてゆく生き方」をご鑑賞くださった方々からは、「明日への希望をみつけた」「生きる勇気をもらった」「自らの生き方を深く振り返るきっかけとなった」、といったお言葉を多数いただいています。 中には、10回以上も見たという方、また、自殺しようと考えていたがこの映画を見て生きる勇気をもらい自殺を取り止めた、といったように、想像もしないようなことも、数多く起きています。

今回の磐田市での上映会でもこんなにたくさんのお礼のご感想をいただきました

夜、眠れない、2週間以上の不眠が鬱のシグナルとも言われますが、その鬱からも毎年3万人を超える自殺者がでています。彼らに必要だったのは、団欒の再構築であり、生きるリズムを整えて、明日への希望を見つけ、生きる勇気を育むことだと思います。 みなさんに、安心・安眠を提供することを我がミッションと掲げた菊屋はこの「降りてゆく生き方」の上映会を応援します。

このHPをご覧になったみなさまには、ぜひともこの映画をご鑑賞いただき、一人でも多くの人に新しい生き方へのメッセージを受け取って欲しいと思っていました。

「希望の映画」と謳ってありますが、同時に楽しい映画でもあります。どうぞ、お楽しみください。

私ども菊屋は今後も、映画「降りて湯行く生き方」を応援して参る所存です。

★ 全国上映会情報


磐田上映会 観客のみなさんの言葉

降りてゆく生き方?ってどんな生き方だろうと思っていました。
もっと老人くさいものかな・・・・と思っていましたが、くらしの生き方の視野をかえたら、違う世界が未来が見えてきた感じがします。
50代半ば最近、自分がブレだしました(振り返ってみて)信念が必要ですね。50代女性

自然と人間の共存の大切さ。心を動かす行動は、仲間を呼ぶ。「降りてゆく生き方」の考えかたは、今までの私の人生には、初めての出会いでした。
以上、素晴らしい時間を過ごしまた。ありがとうございました。 60代男性

金八先生に教えられました。3月11日以来人間の生命のはかなさを感じてます。来年は、第二の人生に足を踏み入れることになり自分の生き方をどうして行こうかと思っている最中です。多くの人に見てもらいたいですね。若いスタッフが作られたようですが、次回作に期待したいです。 50代男性

1人でも多くの人に見てもらいたい映画です。降りてゆき生きたにもいろいろあるんだということを教えられた気がしました。
老いてゆく生き方として、見させてもらいました。 60代女性

命は命の方に向かって行く、無力感と孤独感が人を弱らせる。
光の当たらない小さな声のところに、真実があるんでしょうね。感動しました。 50代女性

「降りてゆく生き方」とても感銘致しました。
青木さんから、電話をもらった時は、チケットを買って欲しいとの事だったので、どちらかと言うと、先輩からの要請なので、仕方なくチケットを頂いたというのが、本音です。ごめんなさい。
でも、作品を観てからは、充実した時間を頂けて、本当に良かったと想いました。
本当は、この内容をアンケートに書いてくる方が良かったんでしょうけど、終わってすぐは、ある意味、放心状態だったし、何よりも感動して泣けてしまい、三島さんの顔をまともに見れなかったというのが、本心です。
入院されると聞いたんですが、大丈夫なんでしょうか。実は、自分も丁度昨年の今頃、胆嚢炎で手術をして入院していました。お互いに、寄る年波には勝てないので、受入ながら上手に生きていくしかないですね。 お大事にして下さい。 今回は、お誘い頂いて、本当にありがとうございました。  50代男性

今日、予定が入っていてあおぞら市は全部見ました。感動、奇跡のリンゴを見たのですが、たぶん無理です。今日は上映されない?また見に来ます。
可愛いくまさんは、本物ですか?それともCGでしょうか?どちらでもOKです。CDがあるとは思ってもいませんでした。前席だったのでメモをとっていました。  50代女性

60代になり、家族のことなど心配なことばかりです。でも、信頼していたればいいかなと思っています。まだ、これからいろいろ考えていけたらと思った。 60代女性

映画製作の話も聞くことが出来てよかったです。〈映画+話〉で一つだと思いました。 男性

60代の私、くらい映画では?と思ってましたが、違っていました。それだけで救われたともっています。  60代女性

自然に生かされていることに感謝をと常々思っています。上映の成功を祈っています。 60代女性

人生、失敗はつきものです。めげずにやり直し、ゆくっり進みたいと思います。50代女性

「降りてゆく生きかた」がしっかり受け止めることができたと思います。ありがとうございました。 70代男性

楽しく明るく、豊かな人生を送るために、必要なものは、何か、改めて見つめ直しました。
本当に大事なものは、身近にあることを知る、良いきっかけになる映画でした。 30代男性

今日はありがとうございました。50歳を前にしてこの映画を見れて良かったと思います。
もっと前の私ならここまで感動することができなかったと思います。  40代女性

感動的なとても良い映画でした。子供たちの未来を大人は考えなくてはなりません。今、私の価値観が問われています。企画していただいた皆様にお礼申し上げます。音楽が楽しかったし、ディレクレターのお話もとても良かったです。 60代女性

自分の生き方に迷う日々です。大きな不安を抱きました。

今現在生きている「いのち」に感謝です。大変素晴らしい映画を見せていただきありがとうございました。  60代男性

素晴らしい映画を鑑賞させていただきました。ありがとうございました。
家族や周りの人たちにも見てほしい実感にいます。

制作に関するお話が良かったです。自然、命、感謝は、子供たちの将来、感性・・・・今後の生き方を考える、見直すキーワードにしたいと思います。

今を見直す良い機会でした。農業の野菜作りにさらに努力します。  50代女性

心に残る素晴らしい映画でした。ありがとうございました。 50代女性

良い映画でした。みなさんに教えてあげたいです。 50代女性

とても感動しました。これからの生き方を足を止めてしっかり考えてゆこうと思いました。本当に大切なものを教えていただきました。

今ある感謝の心の実感させていけました。ありがとうございました。

思っていたよりも長い映画でしたが、中盤から後半はひきつけられるように観ることができました。

感動がいっぱいありました。今大事なことを、明るく表現した映画だと思いました。全国で見られることを望みます。 20代男性

今私は何をしたらいいのか?考えさせられました。

とてもいい映画を見させてもらいありがとうございました。今の日本に必要な内容だと思いました。生きることと死ぬことのカクゴを持った人間が減ったことが今の世の中なのかな?と思いました。 50代男性

印象に残った言葉がいくつかありますが、中でも最も印象に残ったのは、「『間もなく死ぬ自分』を意識すれば自分が生かされている感謝の気持ちになる。」という言葉です。
気づいたら、いまつもそう意識している自分がいます。10代のころから「死」はいつも隣にありました。だから自分が生かされている今日にいつも感謝して夜眠ります。
命を守るために自分ができることを「無私」の気持ちで尽くしたいと思います。

1人でも多くの人が心の中に、何か気付くことがあればよいと思います。

大変感動しました。自分の生き方を見つめ直し、自分のことにとらわれないことを考えていきたいです。 40代女性

自分の生き方を見つめることができました。今の自分をもう1度見つめてみます。   60代男性

60代半ばになり今後の生き方を考えていました。考えさせてくれる良い映画でした。

今日は良い時間に出会えてよかったです。これからも楽しく生きていきます。 60代女性

「降りてゆく生き方」2年前に始めました。本当に大切なものは命だと私も思います。その中で3月11日福島原発の爆発があり、これから日本の自然がどうなってしまうのか心配しています。取り戻すことはできるのでしょうか?その為に、私たちにできることを考えたいと思います。 30代女性

感動しました。自分の生活を改めて見つめ直してみようと思います。主人、子供にも見てもらいたいと思います。ありがとうございました。

大変素晴らしい映画でした。また、考えさせられました。 50代男性

感動しました。伝えたい。「明日死ぬ」という思いで、生きてみたい。  50代女性

漫画的な脚本ではあるが、内容は面白かった。 50代男性

音楽がやさしいので心地よかったです。  60代女性

いろんなことを考えさせられました。今は、心の時代が求められる時だと思います。今日はとてもいい日をありがとうございました。心が楽になったような気がします。  50代女性

いろいろな事がとても大切なこととすごく感じました。 60代女性

当たり前のことが当たり前にできることの幸せ、自然を大切にした生き方、人とのふれあいを大切にしたこころ豊かな人生、そういうことを感じました。音楽で担当した方の話が印象的でした。いい映画を見せて頂きありがとうございました。

今回の出会いに心から感謝いたしましす。生きていること、生かされていることに、感謝です。命の大切さ、自然の素晴らしさに感謝を改めて見つめ直し生きていきます。お二人のプロデューサーのお言葉1つ1つも忘れないです。ありがとうございました。  60代女性

初めに流された武田さんのメッセージビデオがこころに残りました。

久しぶりに懐かしい映画らしい映画を見せていただきありがとうございました。

私たちのこれからの生き方を十分に考えるものでした。

多くの人に観てもらいたいと思いました。

人間の原点に気づかせていただける映画でした。

人間として忘れかけていたものの大切さを思い起こしました。ありがとうございました。

人生で何が大切かを学ばせて頂きました。ありがとうございました。

プロディーサーや音楽制作者さんのお話をきけたことが、とてもよかった。 60代女性

地球がいつまでも人が住みやすいようにしてあげなくてはいけないと思いました。

「はじめは一人から」という言葉が印象的でした。私も一人で自分ならではのこと、「自分にできること」をはじめていこうという勇気が出てきました。感謝です!

とても共感できました。音楽も素晴らしかったです。  60代女性

とても感動しました。音楽を担当された方のお話も素晴らしいお話でした。

自然と命の大切さをかみしめております。子供の心を大切にしたいと思います。

ストーリーがいろいろな方面に行くので最初はよく分からなかったが、終わってみると、すべて解決した。

雑の多い世の中に、考え直す機会をありがとうございました。

ひとときの大切さ、素敵な安らぎの間、ありがとう!

共に生きることの大切さ、輝いて生きる強さを持ちたい。50代女性

現在50代、これまでの人生、自分の生き方、後悔ばかりの人生でした。
自分を責めても責め足りないくらいの現実にたくさんのことをこの映画を通して感じ、学ぶことが出来ました。今、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にこの映画を観て、自分自身を振り返り、よし、前向きに取り組むぞ!と本当にありがとうございました。 50代女性

いろいろ自分の人生を考えさせていただける映画でした。
風景の映像がとても美しく心が癒されました。  50代女性

本当に素晴らしい映画でした。ありがとうございました。  40代女性

映画はとても素晴らしかった。三島さんなりがとうございました。50代女性

こんな良い映画は永遠に上映し続けてください。(口コミ宣伝大いにやります) 

生きているだけでいい!!そういう思いを忘れないでいたいと思いました。  50代女性

三島君ご苦労さまでした。
現実の社会はどうあるべきか?深く考えさせられます。
これからの人生、少しでも社会に奉仕できる自分でありたいと思っています。 50代男性

命について考えさせられました。降りる生き方の意味が少し分かりました。・・・じっくり考えます。ありがとうございました。

ありがとうございました。  60代女性

こころにしみ入りました。感動しました。  30代女性

大切なことをはっきり考えれました。ありがとうございます。私なりにこれから伝えていきます。

また、近くでの上映会、お待ちしております。 70代男性

涙がたくさん出ていました。自分の反省もあるのでしょうか?ありがとうございました。  60代女性

60代半ばになり自分の人生を考えていました。考えさせられるいい映画でした。

人間として、いかに自然が一番大切だということを感じました。本当に勉強になりました。私もまだ68歳、がんばります。  60代女性

降りてゆく生き方の意味を考えながら観ました。
ドラマの中で素晴らしい答が見えました。私の人生の中でも納得のいく生き方が見つかるように、残された一日一日を頑張ってみます。
苦労の多い今までの人生、私の降りる階段はあるのかしら・・・・60代女性

自然の必要性を感じました。感動しました。 60代男性


あんみんコムトップへ