枕つくりのワークショップ
有限会社 菊屋   静岡県磐田市中泉243  TEL:0538-35-1666   FAX(注文) 0538-35-1735 


枕トップ
まくら相談会
お手入法
こんな方に!
枕のセミナー
ご愛用者様の声

あなたにぴったりの 枕つくりのワークショップ

◆ 誰にも合う「枕」 なんて ありません! ◆ 未来永劫に大丈夫な「枕」 なんて ありません!
◆ 「枕」を選び、 手を加えて、 貴方の「枕」にしてあげてください。 

Tierra加藤先生 枕のあるべき姿を確認するために、 身体の専門家であるカイロプラクテッィクや整体の先生方が、県内はもとより、県外からもお越しいただき、逆に、こちらもいろいろと、 お勉強をさせていただいております。
先生のご指導のもと、枕がますます、いい働きをします。


 ←  枕つくりのワークショップにお越しいただいた 素敵な先生
  愛知県名古屋市  カイロプラクティック Tierraの加藤先生と

静岡を中心に、神奈川、山梨など7店舗の健康・美容エステサロンLAGE を運営されている女性イキイキカンパニーの五十嵐社長がセラピストの女性スタッフを連れて、枕つくりのワークショップを受講されまた。

健康・美容と枕の関係は、ホットです。
同社は静岡県浜松市と山梨県石和に新しくオープンする二つのサロンのカウンセリングスペースに、弊社の蚊帳を採用されました。 日経新聞にも掲載
枕つくりのワークショップ 
 
 予約制 定員 6名 先着順
枕つくりのワークショップ申込み 

2012年から100回を超える 枕つくりのワークショップ

枕つくりのワークショップ

講師:三島治 & アシスタント:三島朋子

枕つくりのワークショップ since 2012

平成28年(歳末・初夢枕をつくりましょう)


 ○ 12月 17日(土) 23日(金) 29日(木)


※いずれも10時〜11時30分 参加申込みはこちらから

  【講座】 「クスリに頼らない安眠術」の補完セミナー

中日新聞でも紹介

中日新聞2013年9月18日 朝刊で紹介されました

枕つくりのワークショップの流れ

ワークショップの内容  およそ 90分で、納得いくあなたの枕がつくれます!

 【1】自己紹介 【2】枕の加藤理論 【3】実際に計って横になる 【4】 睡眠のメカニズム

 【5】新たな枕つくりに挑戦  【6】 実際に枕を作ってみる 【7】 寝心地を確認 

 【おわりに】 ご自分でつくった枕をきっかけに、毎日の睡眠改善に心掛けましょう 
 


枕つくりの講座
枕づくりのワークショップの光景 


枕つくりのワークショップの内容


【1】 自己紹介
 菊屋と、菊屋の店主 三島治 の 自己紹介

三島治
昭和31年
   三島屋ふとん店の長男として生まれる

昭和53年
  大学4年の10月1日 父が48歳で 亡くなり 家業を継ぐ

日本睡眠環境学会公認 睡眠改善インストラクター 

・・・・・・・・詳しくはこちらへ

創業当初の三島屋ふとん店 三島屋ふとん店時代

モノがなかった時代、お店の前には行列ができた、菊屋の前身=三島屋ふとん店の長男として誕生。

「もはや戦後ではない」時代に幼年期を過ごしました。

月日は流れ、・・・・・昭和53年 大学4年 10月1日 父が48歳で 亡くなり 私は、家業を継ぐ ・・・・

さらに、月日は流れて・・・・・・・なんとか、結婚できて・・・・・あっという間に子だくさん。

平成7年 3人目にして 長男が誕生しました。 そこで

菊屋・誕生祭 長男誕生の記念講演会として、枕博士=加藤勝也氏を招いて

  「あなたにぴったりの枕の選び方」 を開催しました。

枕つくりのワークショップの起源は この1995年(平成7年)5月14日

枕革命を起こした 枕博士=加藤勝也氏をお招きしての
第三子にして、誕生した 「長男誕生記念講座」 でした。



枕の講演会

   磐田市民ホールでの 磐田市民に向けてのまくら講座の案内パンフレット

枕つくりのワークショップでは、加藤勝也氏が話してくれた「枕理論」と「加藤式枕」についてご案内しますが、

この、長男誕生の枕講演会の内容を、 翌 1996年(平成8年)にインターネット上に anmin.com を立ち上げ

まくら博士・加藤勝也氏の理論と、加藤式枕を、ここ磐田から世界に広めるようになりました。

  <菊屋のホームページ 19年の歩み> 




【2】枕の加藤理論


加藤勝也氏    加藤著

加藤勝也氏(1935 〜 2009年)

25年前に枕革命を起こし  空前の枕ブームの火つけ人 

枕が原因の枕症について警鐘を鳴らす

著書 「人はなぜ枕をするのか」 (立風書房)

 革命的 加藤理論 と 加藤式枕 とは
枕病


革命的加藤理論  枕とは頸椎をやさしく支える役目 それが枕の高さであり 枕を立った姿勢で計る
6〜9pが一般的だった枕の常識を覆す → 3〜5pに

革命的加藤式枕
  その人にあった枕の提案  鼻呼吸・腹式呼吸のできる枕  仰臥・横臥対応の枕

加藤理論


【3】実際に計って横になる

    実際に加藤理論をワークショップで体験してもらいました

 (1) 枕の加藤理論 立った姿勢で枕の高さを計る

    10年以上前の 平成13年7月16日 SBSテレビ出演場面から

当時は加藤氏考案の 枕測定器で計っていました
高さの測り方
枕の高さ計り
枕測定機
枕測定機
第7頸椎の出っ張りから垂直にしてできたくぼみが枕の高さ


   (2) さらに横になって、無枕状態で、頸椎に手を差し込んで自らの枕の高さを確認する

横になって無枕状態


(3) そして適度な枕をあてがって 目の方向(顔の角度) 5度  下向き になっているかどうか?

(4) 鼻から息を吸って口から吐く 腹式呼吸が出来る枕かどうか?

(5) 頭の先からつま先までリラックスしているかどうか のびのびと血行がよくなっている感じか?

(6) それらが確認できていれば その枕で 「やさしい顔になっている」 ことの確認

腹式呼吸ができる姿勢

(7) 横臥時における 頸椎と胸椎が一直線であることの確認

横向きの画像

これらが 加藤理論であり、加藤式枕の基本型であります。

ちょうどいい高さ
高すぎる枕
正しい枕
正しい枕


その加藤氏は 菊屋での枕の講演会の翌年の1996年に、特許取得して ノップスピローを開発・発売

ノップスピロー

一方、菊屋のは 1996年5月22日 インターネットで  加藤理論の発信・加藤式の枕の販売を開始

当時、インターネットでふとん屋のHPは、あまりなかった・・・・40の手習いでホームページ作り
    今は懐かしい 加藤氏が開発した 枕測定器を手に  日経ゼロワン 1997年8月号

日経ゼロワン記事


 1996年に立ち上げた あなたの枕探しのページです。質問に答えて行くとあなたの枕になります。

枕探しのページ


HP上で顧客と枕のマッチング その中でも ノップスピローが人気の商品となる


同時にインターネット上でも 枕なんでも相談会 開催

枕なんでも相談会
同時に 日本睡眠環境学会で 

◆1999年プログラム  ◆2000年プログラム  ◆2002年発表文  ◆2003年発表文

と  日本睡眠環境学会 睡眠環境改善第三の鍵 「共生〜共眠」 を唱えて 

  人と地球にやさしい蚊帳の復活 に貢献

蚊帳  どうぞ蚊帳の中へ


菊屋は

自然の理にかなった睡眠の在り方 目指せ睡眠の自然体 をテーマに 

洗っても目が壊れない 麻のカラミ織の21世紀の蚊帳を開発し 

著書 「どうぞ蚊帳の中へ」を発行  2005年「蚊帳の博物館」をつくる


さらに日本睡眠改善協議会で睡眠改善インストラクターとして各所で「安眠講座」を開く



 【4】 睡眠のメカニズム

眠りとは オーバーヒートした脳を冷やすもの  頭寒足熱の吸湿発散性に富んだもの

温度と睡眠の関係

睡眠中には体温が低下する  ←  汗をかくことによって 気化熱で

そしてオーバーヒートした脳を 冷ます  それが眠りの生理現象です。

睡眠中の温度 汗


一番上のグラフは 睡眠中のサイクルです。 およそ90分で、1サイクル
はじめの90分に深い眠りが得られます。

真ん中のグラフは体温の変化  睡眠とは、 オーバーヒートした脳を冷やす生理現象であります。

で、・・・・・・問題は 一番下のグラフ=発汗量 汗をかいて体温を下げるのですが・・・
 
汗をかくので 枕や寝具には 吸湿&発散性が求められます。

パイプやプラスチック素材 ウレタンなど低反発の素材では なかなか 吸湿発散ができません。

そのような睡眠のメカニズムをも考慮に入れて


【5】新たな枕つくりに挑戦 

枕作りの匠と 蚊帳の匠のコラボレーションで 自然の眠りをテーマにした新しい枕の開発に着手し

2009年   加藤式枕をベースに 特許構造を継承しつつ 新たに「ねいるケアあんみん枕」を完成

テーマ  共生〜共眠  自然のリズムを損なわない 蚊帳の精神を混入
 カラミ織


枕の本体生地は麻   中袋ユニットも洗える麻 蚊帳のカラミ織生地を採用 中素材は英国羊毛100%

ユニット素材は 弊社オリジナル『カラミ織』の蚊帳生地

これは縦糸を絡ませながら横糸を固定していく織り方です。
カラミ織』は、目がずれにくい丈夫さと、織物としての美しさが、国内外で高く評価されています。

この麻の蚊帳生地にソフト加工を施し、枕の本体内にセットする三つのユニット生地として採用しました。
麻のカラミ織の自然の趣、立体構造の織物が、頭寒足熱を醸し出します。


中身は球状にした英国羊毛100%(ウールノップス)です。
ウールの特性を活かし、球状にすることによって、吸湿発散性をさらに高め、
蒸れることなく一年を通して、健やかな眠りから、爽やかなお目覚めへと導くことでしょう。

そば殻のように粉れる心配はありませんが、ウールのへたりが気になった時は、お手を加え、
揉みほぐして下さい。また、カラミ織ユニットのまま丸洗いも出来、ふっくらとします。

ところで、枕の 中身を ウールノップスにした場合・・・・・

頸椎弧の高さはまちまちだが 枕の高さは3pに収束してしまっていたのです。

3pに収束

「ねいるケアあんみん枕」の製作過程で私たちは  次のような会話を交わしていました。

加藤:
「この中わた素材(=球状のウール)を用いるとそのクッション性、弾力性から枕の高さは3cmに収束されてしまうんだよ。枕をややこしく、難しく考えるものではなく、枕は使った状態で、人をやさしくさせるのが良い枕なんだよ」

三島:
「私もうすうすそのことに気づいていたのですが、しっかりと合った枕を使えば、筋肉の緊張はほぐれ、その人はやさしい顔つきになります。
その収束された枕の高さが判明されれば、あとは少しずつ手を加えて、自分の枕にし続けるようにしていけばいいのですね」


このようにして、高さの微調節と、後頭部の形に合わせて詰め替え可能なカストマイズ枕として、完成しました。

そのクッション性と弾力性、反発性 自分にあった枕に調節可能 頸椎弧の高さ 後頭部の形など 

ねいる前に手を加える ねいるケアの由来 あなたに大丈夫な枕としてキープしていただける それが眠りを大切にすることとなりましょう

たくさんの種類は必要ないのです。


【6】 実際に枕を作ってみる  
それがこの枕つくりのワークショップです


(1)トライアルパッケージ を用意しました 
トライアルパッケージ

   部品の確認

●麻100% まくら本体側  三つの部屋に分かれた特許構造 (ノップスピローからの継承)
●三つのユニット 麻のカラミ織の蚊帳生地  洗濯が出来る立体構造 センター・サイドユニット
● 充填物 英国羊毛100% 初期値 サイドユニット用 240g  センターユニット 60g + 70g



詰める

(2)センターユニットの中身詰め  初期値として  頸椎部分69g   後頭部部分 70g   良く均す

中身の分量

(3)サイドユニットの中身詰め  横臥時対応として 240g  × 2袋   良く均す

詰める

(4)ユニットを枕本体への挿入方法
   先ず、各ユニットを平らに均す
     そして、挿入方向は ファスナー部分を上に
       挿入順序は サイドユニットから挿入し
            最後にセンターユニットを入れます

   挿入方法


【7】 寝心地を確認 


実際に横になって寝る  その時 自分の枕としてあっているか 【3】の(1)〜(7)を確認する


試し寝


あなたには、大丈夫の枕として ケアしていってください

同じ枕でも 全く違った枕になります。

充填素材としてのウールはどちらかというと、へたりやすい素材です。

・・・・実はそこが、デメリットのようで、メリットなのです。 

手入れしやすいのです。 手入れのし甲斐があるのです。

その枕の役割を理解して手入れをして使うことが大切です。

このことを理解実践することによって、
野球の選手がグローブをしっかり手入れするように
腕のいい大工さんが大工道具の手入れを怠らないように

同じ枕が、 より良い眠りのための道具として 大きな違いをもたらします。

「弘法筆を選ばず」
書道において筆は重要なもので、毛の種類、長さ、量などさまざまな種類の筆があります。
弘法大師は書を書く際、どんな筆でも見事な書を書き上げたことから
「本当に上手い人は道具に頼ったりしない」という意味になります。

ただ、道具の手入れをしたと思います。

より良い眠りのためには
「弘法 枕を選ばず」 枕だけに頼るのではなく
その枕の役割を理解して、手入れをして使うことが大切です。

今回のワークショップでは実際に手中身を詰めていただきましたので
皆さんはその実践者になれるでしょう。

さらに、菊屋の「クスリに頼らない安眠術」でも御案内しているように、

より良い眠りの3大要素である

(1)光 (2)体内時計 (3)体温変化 に合わせ

枕というと寝ている間だけの機能をフォーカスするのですが
この枕も、眠るときだけではなく起きている間=寝いる前の
努力が必要だということをご案内しました。

寝る道具としての寝具の手入れの大切さについてお話しました。

この枕をきっかけとして

まず、朝起きてから、
午前中には枕の日干し、時にはお洗濯をお願いしています。

とりわけアトピーでお悩みの方には清潔に保っていだきたい寝具です。

ご自分も光を浴びることによって、セロトニン神経を活性化させ
14時間後にはしっかりとメラトニンを分泌できる準備をしておきましょう。

朝の光を浴びながら日に干すことができる枕やふとんをお勧めしたいものです。
・・・・・・おふとんを干すのはたいへんですが、枕だったら毎日できるでしょう。

昼すぎには、干した枕をとりいれて、ご自分も静かに5分間、目を閉じて脳を休めます。
・・・・5分のつもりが眠ってしまって、30分以上にならないようにご注意ください。

その後は元気に活動し、体温を上昇させて下さい。

そして、夜の就寝前、静かに枕をもみほぐしてから眠りに就きます。

睡眠中は、麻の作用で頭寒足熱、脳をクールダウンするための枕として働いてもらいます。

汗をかいて、その気化熱で、体温を下げるのですが、麻とウールのコンビネーションで
しっかりと、汗を吸収・発散してくれます。

このように、
寝るときだけでなく、一日の始まりから、ねいるケアあんみん枕と共に、
生体リズムを整えて行きましょう。

こんなふうに、寝具にばかりに頼ることなく
眠りに対しては、日中の実践行動も大切だと言い聞かせています。

ともあれ、これからの時代、眠りが大切だと、多くの方が気づいていくのだと思います。

この枕のご使用をきっかけに睡眠改善のご提案

(1)朝起きたら、枕を干ながら、日を浴びます。

(2)昼過ぎ、枕を取り入れてから、5分間目を閉じます。

(3)夜の就寝前に、枕をもみほぐし、形を整えます。

眠りの道具としての枕の手入れをすることで、朝はセロトニン神経を活性化させ、メラトニンを促し、昼には少し脳を休めてから元気に活動し、夜は静かに眠りを迎えるご準備を!と、ご提案します。


これからもいい働きができるように

いろいろな人といっしょに頑張って参りたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。    


7周年

2009年9月19日新聞発表 誕生  並びに当初のカタログ

新聞発表   枕チラシ


 加藤勝也氏 これらを 見届けて 2009年10月7日 やすらかに ご永眠 (享年75歳)

  永久の眠りに 子(ね)に入っていかれました


眠るとは「子(ね)に入る」こと
だと言われてきました。

子は子、丑、寅、卯の十二支で北の方向を指します。北の国は神の国とされ、眠るとは神の国に入ることだといわれてきました。ですから、今でも、亡くなった方の枕は北枕で神の国へ帰っていくこととされています。 眠るとは死することと同じように、聖なる場所への旅立ちとされていました。

そのようなことから、寝入る前にみんなで、安眠のためのケアをしましょうと「ねいるケアあんみん枕」と命名しました。

加藤死すとも(加藤式)枕は永遠なり 

 志を受け継いで 世界中が安心して安眠できますように!

まくら ← たまくら ← 魂の蔵

人盛んなりて 天に勝ち  天定まりて 人に勝つ

     共生〜共眠


合掌

 発売3年 お客様の声も加わりカタログを一新しました

チラシ

     枕のリーフレット


枕つくりのワークショップ お申込

枕つくりのワークショップ
参加ご希望日


  菊屋のトップページへ