蚊帳のある暮らし 9ばん

福岡県福岡市「呉さま」
タイトル:中庭で使ってます
テレビにまで出演してくださいました
21世紀になって蚊帳がよみがえったとの話を
きいた九州・山口県のテレビ番組 アサデス 
という番組からこの近くで、実際に蚊帳をご購
入され、しかも新しい使われ方をしていらっしゃ
る方をご紹介くださいと依頼を受け、呉さまに、
お願いをしました。

実際のロケーションもさることながら
なるほどテレビ局のプロが映すとこうなるの
かと送られたビデオを見ながら感心していました。
 ← 呉さんからのメッセージ
家の中庭で蚊帳をつってそこに机に椅子を入れ
ています。携帯ビデオに蚊取り線香、フマキラー。
そして見えますかねえ、シャンパンです。自然の
涼しさなので、エアコンにはない開放感がありま
すね。
>2003年10月 呉さんからのメッセージ →

この季節はみなさん長袖とかジャンパーですが、
小生はまだ半袖で自宅ではT-シャツです。食事の
後に添付写真のように犬とくつろぎます。蚊帳って
ふだん上にはねあげるだけで結構見栄えがいいし、
おしゃれと思います。
小さい七輪でイカとかあぶって、熱燗で一杯。
添付写真で七輪の下はもう一枚も写真でも
おわかりのように丸いドラム缶のように見えますが、
これは職人につくらせたステンレス風呂です。
車にも積めるように小さく作っていますが、秋の夜に
ひとりで自宅で蚊帳で露天風呂そして一杯を飲む。
極楽極楽。


呉さんのページにメールをいただきました。ご紹介いたします。

 夏になると家の窓を開け、蚊帳の中に家族みんな入って風に乗ってくる田んぼの香りと香取線香の香りを嗅ぎながら、風鈴の音を子守唄がわりに寝ていたものです。
 朝になると、我が家のわずかな光を追ってカブトムシやカナブンなどが家に入ってたりと子供の頃の夏は、楽しくてしかたありませんでした。
 今思うと、あの頃の我が家は鍵もかけずに、夏は家の窓から窓、全開で寝ていました。田舎だったので、私の子供の頃は事件など殆どなく、平和でしたから。そんな私の実家も、今は鍵をかけて寝るようになりました。
 家族みんなで蚊帳の中で寝て過ごすと、今よりまだ家庭崩壊は少ないかもしれませんね。

 エアコンが普及しているこのご時世に蚊帳が売れるとしたら従来の室内で使用する考え方から、どうでしょう、マンションのベランダで使うというのはいいと思いますね。鳩よけにもなるし、蚊に悩まされることもない。
 ただ問題なのは高層マンションなどでの蚊帳の4隅の固定方法ですね。壁側はできるとして、外のほうは素人には危険と思いますね。そこで、ポールをセットにするのはどうでしょうか?おそらくベランダでもうひと部屋できたような感覚が生まれると思いますね。

 ドーム型のテントのように蚊帳だけで作ってしまうのも面白いと思いますね。アウトドアのときに蚊とか虫に悩まされながら食事しなくてもいいしね。できれば韓国製のワンタッチポールみたいに一気に傘のように展開できるようなテントがいいですね。

 ほかアイデアならなんぼでもありますよ。

 蚊帳を大小いろいろ大きい部屋でつっておいて、その中にろうそくをつけて写真とると芸術写真になりますし、いい宣伝写真にもなりますね。おそらくぼくならヌードを撮るでしょう。蚊帳から見える裸体はソフトフォーカスをかけたような効果よりももっと荒めですから見る人に想像力をかき立てると思いますね。特にわれわれ40〜50才代の男性にはたまらないと思いますよ。

 実につまらないアイデアだけど、ウケねらいですが、蚊帳で傘つくる。雨が降ると当然役目をなさないけど、おもしろい。風がふいても編目だから、飛ばされないしね。実用的ではないように見えますが、カメラマンが光りを散乱させるのちょどいいかもしれませんね。