蚊帳のトップ
(有)菊屋・蚊帳の博物館 静岡県磐田市中泉235 TEL:0538-35-1666 FAX:0538-35-1735  ■蚊帳の問合せ

蚊帳の博物館看板

バーチャル博物館から 現実の博物館へ

菊屋ではこのようにして蚊帳の製造しています



■ご要望にお応えします!いろいろな特殊なご依頼例    お問い合せはこちらから


 菊屋の蚊帳生地はここで織っています


     

菊屋の蚊帳は静岡県磐田市福田で織っています。古くから織物と、遠州灘に揚げられる「しらす漁」のの町として知られています。
菊屋の蚊帳の元祖も、実はしらす漁に使う魚網だったのです。(麻のカラミ織は遠州地方特有の手法です)

伝統的な蚊帳は平織りの生地をでんぷん糊で固めていたためにお洗濯が出来ませんでした。菊屋はカラミ織を蚊帳に活用して21世紀の新しい蚊帳を世に出しました。 西村さん
機織工場 工場2

決して近代的と言える工場ではないのですが、NHKをはじめ、民放のカメラやピアニストの西村由紀江さんも、蚊帳工場を見学・取材にいらっしゃいました。

 ※取材していただいた一覧



(1) 蚊帳生地を織ります
厳選された糸で縦糸を織ります横糸を織ります蚊帳生地が出来上がり
天然糸を旨として用意します
基本的には4種類
●麻100%
●麻30% レーヨン70%の
混紡糸
●綿100%
●ヘンプ
●和紙の糸 等
蚊帳生地は縦糸・横糸
からできています。
まず縦糸を織り込みます。
続いて、横糸を織ります。
片麻の蚊帳
縦糸=綿/横糸=麻混紡糸
両麻の蚊帳
縦糸・横糸ともに麻混紡糸
純麻の蚊帳
縦糸・横糸ともに麻100%糸
ラミー リネン ヘンプ
新しい2種類の蚊帳生地
<菊屋のオリジナル>
●純麻(縦糸・横糸麻100%)
特殊織り製法により丈夫で
丸洗い可能な蚊帳生地

●防炎の蚊帳を完成

平成の時代でもはじめの糸通し(=へ通)左 と

  織り上がった蚊帳生地の検査は熟練工の仕事


検査を終えた蚊帳生地たちは湯通しを経て裁断・縫製へと向かいます


蚊帳生地いろいろ
伝統的蚊帳生地
オリジナル麻生地
ナイロン蚊帳生地
海外生産のネット
片麻蚊帳・両麻蚊帳
純麻蚊帳
麻・綿・レーヨン使用
洗える麻の蚊帳生地
カラミ織 麻100%
綿・麻  ヘンプ等
ワンタッチ蚊帳
ベッド蚊帳
天吊蚊帳(国産)
モスキューとネット
サイアムダッチ社の
アウトドア兼用蚊帳

わが国でも1000年をゆうに越す蚊帳の歴史の中で
菊屋は天然素材で洗いにも耐えられる蚊帳を製造しました
伝統的蚊帳生地
菊屋特製純麻蚊帳生地
これが洗える蚊帳生地
拡 大 写 真

従来の蚊帳生地は平織りで織ったあとにでんぷんのり等で固めていたため洗うことは出来ませでした。菊屋の開発した純麻(麻100%)の蚊帳生地は特殊カラミ織りでお洗濯後もよじれ難いです。
従来の平織でなく、縦糸を絡ませながら横糸を固定していく新しいタイプの麻100%の蚊帳生地です。

ウォッシャブル蚊帳ご購入者の方に蚊帳のお洗濯も承ります(有料)


(2) 縫製仕上げ
お客様のご要望やお打合せの内容に併せて、蚊帳をお作りします。
ご要望は・・・ファスナー・マジックテープを出入りし易く・・・
急いで急いで!お客様に一刻も早く安眠のお届けを!
さぁ急いで!縫製は私にお任せ!安眠をお約束!

こだわりの蚊帳の道具たち

菊屋のオリジナル蚊帳
純麻(麻100%)のウォッシャブルタイプでは
お洗濯の際、リングがはずせるように
木製の輪(和リング)を用意しました。
※旧来タイプの蚊帳
綿・片麻・両麻・純麻・ナイロン製の
蚊帳リングはプラスチック製です。


蚊 帳 の 補 修 も い た し ま す

蚊帳生地を破いてしまった

蚊帳生地を当てて繕います

蚊帳を踏みつけたりして吊りひも
部分に圧力がかかり破れました

蚊帳生地の上から力布を当てて
補強します

ムカデ対策の蚊帳 ファスナー部分の修理
ムカデ対策ファスナー付
ファスナー脇の破れの場合

ファスナーサイドに力布を
当て補強します


「ムカデ用蚊帳」完成しました!

「ベッド用蚊帳」完成しました!

インテリアとして蚊帳etc.のご要望も増えてきています。


「蚊帳の菊屋」への問い合わせ

お 名 前
性   別 男  
年   齢
e-mail
(半角英数字でお願いします)
ご 住 所
お問い合せ