菊屋の挑戦! よりよい眠りを


不況の時は余分な贅肉を落とすのに絶好の時期、同時により役に立つ方向に舵を取るのに絶好の時期です。私ども菊屋も時代にそぐわない古い慣習をかなぐり捨てて、現代社会の問題と取り組んでまいります。


安らかに健やかに眠るのにはどうしたらいいのでしょうか?

この経済状況の中で人々は喘ぎ苦しんでいます。

モノが売れない。雇用が不安定になる。収入が減少する。先が見えない不安も募り、職場や学校での人間関係のもつれも生じ、なかなか眠れなくなって、不眠を訴える人も増えています。

二週間続く不眠は鬱のシグナル。自殺防止キャンペーンの一環として、国も睡眠指導に乗り出している現状です。

経済活動が順調にいっていれば、こんなひずみも生じないでありましょう。

会社の状態が良くて、経営者も従業員も希望と誇りを持って業績が上がっている会社においては、みんな安らかに健やかに眠っているのでありましょう。(もちろん仕事以外のいろいろな悩みや問題は別として)

短絡的にに言えば、自分の仕事や働きが、しっかりと役に立っていて相手に喜んでもらっていれば、仕事も収入も安定してくるに違いない。その結果、夜はぐっすりと眠ることができると思います。

家族や従業員を養うために必要な資金はそんな仕事や働きから得られるべきでありましょう。

さて「安眠のための仕事術」などと申し上げるとお叱りを受けるかもしれませんが、我も人もぐっすりと眠れるようになるためにはどうしたらいいのか、30有余年にわたり寝具店をやりながら、もがき苦みながら、あるべき仕事の姿として、この「安眠のための仕事術」を手探りして参りました。

この間、さまざまな方の助言や指導をいただいてきました。

最近では地元にある静岡産業大学経営学部の教授で経営研究所長である鷲崎早雄氏にもいろいろとご指導をいただいております。

この11月12日に地元の磐田信用金庫が母体となる「がんばる起業応援ネットワーク」主催「第9回ビジネスコンテスト」発表会の記念講演で、鷲崎教授が講師です。

テーマは「ソーシャルビジネスについて考える −安眠ドットコムのケース−」?
http://iwashin.akira.ne.jp/renewal/list1.php?eid=00190

安眠ドットコムとは私どものことですが、私自身はソーシャルビジネスのことはよく分かっていません。これからも鷲崎先生にはソー
シャルビジネスについてご指導をいただきたいと願っています。

私の経営について30年前まで振り返ると、寝具店として地元地域でのシェアは減少し、相対的に役に立たなくなってきました。

ならば営業に出向く、一人ひとりのお客様のお宅に出向いて、よりよい眠りの為の道具をご案内する。お客様のお役にたてればいいのだけれども、時としてこちらの「売り」が先行してしまって、売らんがための営業に陥ってしまうこともあった。

それからインターネットにHPの開設をする。これはかれこれ、15年ほど前になります。
そして、蚊帳の販売に手掛ける。蚊帳はどこでも扱われなくなった時だったから、相対的にも役に立って、蚊帳が売れた。
さらにお客様のご要望に合わせて、いろいろな蚊帳を開発するようになりました。そんなことでお役に立たせていただきました。

一方、なぜ今どき蚊帳だろうかと問われれば、安らかで健やかな眠りのためだと答えてきました。

また、その蚊帳についてもっと広い視野でみるとアフリカではこの蚊帳が命を救う大切なものとなっているという点に気づきました。

役に立ってこそ生かされる。近くのお客様だけでなく、日本中のかたにも、アフリカの人々にも役に立てるビジネスであれば、社会的な仕事となり、(そのことをソーシャルビジネスと言うのだろうか、)その代償として、会社は栄えて従業員もその家族も安眠ができるようになるのだろうと思います。

今回の講演会は新しく起業したり新しいビジネスを打ち立てる会社の方を対象にした講演会です。仕事ん持っていきかた、ある
べき姿を「−安眠ドットコムのケース−」にしてお話をされるようです。

まだまだ至らない私どものケースですが菊屋がそのような理想の会社になれるように、この今、踏ん張りどころだと思うのであります。


 

 三島治

  有限会社菊屋 代表取締役 三島治

テーマは「みなさんが、安らかに健やかに眠れますように」

まずは、貴方に合わせることができる、自然派・ロハスな枕=ねいるケアあんみん枕のご提案。

睡眠キャンペーン
今、国を挙げての睡眠キャンペーンを展開しています。

いろいろな場面で、睡眠の大切さが取り上げられる中で、菊屋もお役に立るように頑張ります。
ねいるケアあんみん運動
いびき対策

いびき対策

社会問題になっているいびき〜睡眠時無呼吸症に対してお役立てください。

冷え性対策

冷え性対策
朝起きて、肩がこる、腰が痛い、では眠りを粗末にしていることです。改善しましょう。

腰痛対策

腰痛対策
朝起きて、肩がこる、腰が痛い、では眠りを粗末にしていることです。改善しましょう。


また、10月1日には磐田市に睡眠障害治療クリニックがオープンしました。
院長の新島先生とも連携を取りながら、お役にたちたいと思います。
睡眠障害治療クリニック

あんみんコム菊屋のトップページへ